< Back to Shop
<< DDUGOFF 17SS | main | SATURDAYS SURF NYC 17SS >>

FEIT

2017.02.24 Friday
0

    FEIT

     

    EI

    “FEIT”はスタートから仕上げまで一人の職人が全ての工程を行いグッドイヤー製法を用いてハンドメイドで仕上げています。

    植物性のタンニン酸でなめした、 一枚のベジタブルタンニンレザーからシームレス(縫い目なし)のアッパーを作り、ヒール部分は手縫いで縫い合わせる等、その製法はほとんど高級革靴の世界。

     

    お値段的には、ドレスシューズの行程・革を使用した贅沢なスニーカーと認識して頂ければご納得頂けると思います。

     

    “FEIT”の靴は中国の靴工場にて熟練の職人に委託生産されており、その工場ではVisvimのシューズ生産も行なっているそうです。

     

    アッパーに上質な天然素材を使用しさらに裏地を使わず一枚革で仕上げているので通気性がとても良く、汗や匂いもほとんど残らないため素足で履くことを推奨しております。

     

    インソールはバッファローレザー製。履きこむごとに強い光沢を持った飴色に変化します。レザーインソールの下にはさらにコルクインソールが仕込まれています。緩衝材としてだけでなく、履く人の重みによって足型が形成されフィット感を高める役割もあります。

     

    FEITの製品はハーフサイズが未展開の為、 普段US8.5(26.5cm)の方にはUS9(27cm)をお選び頂き、インソール・コルクソールでのサイズ調整をしての着用をお勧めしております。

     

    革底の靴で心配される方が多いポイントは、「雨の日は滑る」こと。 

    レザーソールにビブラムの薄手ラバーソールを貼っていただくと、滑りにくくなるのとソールのダメージを気にせず履いて頂けるため、おすすめしております。詳しくはお問い合わせ下さいませ。

     

     

    メンテナンス方法

     

    1)手入れは基本的にブラッシングのみで履く頻度にもよりますが、半年に1〜2回だけワックス成分無し・油分少な目のデリケートクリームを使用して下さい。

    ちなみにヌメ革は吸収力が高いためオイル分過多なクリームを使うとオイルドレザーのような状態となり二度と元に戻らなくなるのでご注意願います。

     

    2)ベジタブルタンニンレザーは革の風合いが極力生かされた素材のため、軽くブラッシングするだけで自然な光沢感が生まれます。

    着用時についた擦り傷も手入れを繰り返すことで独特なムラ感のある色味へと変化していきます。

     

    3)革靴同様に使用後にシューツリーを入れていただくことをおすすめしております。

    靴内部のカビや細菌の繁殖を抑える働きがあり、また汗を吸い上げる力もあるので、シューズの型崩れも防いでくれます。あるとないとでは靴の持ちが倍は変わってくると言われ、良い革靴を買うなら1足につき1ペアは必須のアイテムとなっております。

     


    ▶FEITのアイテムはこちらから
    ▶Facebook:STOCK
    ▶INSTAGRAM:STOCK
    ▶INSTAGRAM:Yozo from NYC

     

     

     

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << March 2019 >>
    Selected Entries
    Categories
    Profile
    Search this site.
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM