< Back to Shop

TOKEN SURFBOARDS

2017.03.12 Sunday
0

    TOKEN SURFBOARDS

     

    今期より取り扱いのTOKEN SURFBOARDS(トークンサーフボーズ)が入荷いたしました。

     

    TOKEN SURFBOARDSはブルックリンをベースとし、従来の型にはまったサーフブランドとは一線を画したスタイルを提案している今注目のブランド。

     

    最近では、NYやLos Angelesのセレクトショップでも見かけるようになってきました。

     

    Princeから、Black Flagなどのパンクバンド、またLAアーティストChris Burdenなどを題材にしたグラフィックで90年代のストリートキッズを彷彿とさせるコレクションが今だからこそ新鮮に映ります。

     

    是非スタイルに取り入れ、今期春夏のファッションを楽しんで頂きたいです。

     


    ▶TOKEN SURFBOARDSのアイテムはこちらから
    ▶Facebook:STOCK
    ▶INSTAGRAM:STOCK
    ▶INSTAGRAM:Yozo from NYC

     

     

     

    SATURDAYS SURF NYC 17SS

    2017.03.05 Sunday
    0

      SATURDAYS SURF NYC 17SS

       

      SATURDAYS SURF NYC (サタデーズサーフ)より17SSコレクションが入荷いたしました。

      サタデーズサーフは、ニューヨークやその他の大都市の中で働き生活している人たちのライフスタイルに合ったコレクションを提案しています。 オーセンティックでありながらクラシックなものにインスピレーションを受け、色、プロポーション、着心地にこだわったトータルコレクションのブランドです。

       

      今シーズンはClay (ライトピンク)をアクセントに淡い春を感じさせるカラーのアイテムを多くリリースしています。

      ホワイトカラーのアイテムは生産しておらず、全てIvory (オフホワイト)を使用しているのもポイント。

       

      染め加工で絶妙なカラーに染め上げたライトグレーのスウェットショーツや、陶器を創作するプロセスからインスパイアを受けたシーズンのコレクションを象徴するプロセスプリントがデザインされたボードショーツなど、定番のアイテムに様々な方向からアプローチを行い、毎シーズン常にアップデートされています。

       

      ベーシックなアイテムが多いですが、素材感やサイズ感を細かくそのシーズンに合わせて考えて提案してくれているので、

      どこか都会的でいつ着ても新しさを感じさせてくれます。

       

      WEBストアーにもアップしておりますので、是非ご覧下さいませ。


      ▶SATURDAYS SURF NYCのアイテムはこちらから
      ▶Facebook:STOCK
      ▶INSTAGRAM:STOCK
      ▶INSTAGRAM:Yozo from NYC

       

       

       

      FEIT

      2017.02.24 Friday
      0

        FEIT

         

        EI

        “FEIT”はスタートから仕上げまで一人の職人が全ての工程を行いグッドイヤー製法を用いてハンドメイドで仕上げています。

        植物性のタンニン酸でなめした、 一枚のベジタブルタンニンレザーからシームレス(縫い目なし)のアッパーを作り、ヒール部分は手縫いで縫い合わせる等、その製法はほとんど高級革靴の世界。

         

        お値段的には、ドレスシューズの行程・革を使用した贅沢なスニーカーと認識して頂ければご納得頂けると思います。

         

        “FEIT”の靴は中国の靴工場にて熟練の職人に委託生産されており、その工場ではVisvimのシューズ生産も行なっているそうです。

         

        アッパーに上質な天然素材を使用しさらに裏地を使わず一枚革で仕上げているので通気性がとても良く、汗や匂いもほとんど残らないため素足で履くことを推奨しております。

         

        インソールはバッファローレザー製。履きこむごとに強い光沢を持った飴色に変化します。レザーインソールの下にはさらにコルクインソールが仕込まれています。緩衝材としてだけでなく、履く人の重みによって足型が形成されフィット感を高める役割もあります。

         

        FEITの製品はハーフサイズが未展開の為、 普段US8.5(26.5cm)の方にはUS9(27cm)をお選び頂き、インソール・コルクソールでのサイズ調整をしての着用をお勧めしております。

         

        革底の靴で心配される方が多いポイントは、「雨の日は滑る」こと。 

        レザーソールにビブラムの薄手ラバーソールを貼っていただくと、滑りにくくなるのとソールのダメージを気にせず履いて頂けるため、おすすめしております。詳しくはお問い合わせ下さいませ。

         

         

        メンテナンス方法

         

        1)手入れは基本的にブラッシングのみで履く頻度にもよりますが、半年に1〜2回だけワックス成分無し・油分少な目のデリケートクリームを使用して下さい。

        ちなみにヌメ革は吸収力が高いためオイル分過多なクリームを使うとオイルドレザーのような状態となり二度と元に戻らなくなるのでご注意願います。

         

        2)ベジタブルタンニンレザーは革の風合いが極力生かされた素材のため、軽くブラッシングするだけで自然な光沢感が生まれます。

        着用時についた擦り傷も手入れを繰り返すことで独特なムラ感のある色味へと変化していきます。

         

        3)革靴同様に使用後にシューツリーを入れていただくことをおすすめしております。

        靴内部のカビや細菌の繁殖を抑える働きがあり、また汗を吸い上げる力もあるので、シューズの型崩れも防いでくれます。あるとないとでは靴の持ちが倍は変わってくると言われ、良い革靴を買うなら1足につき1ペアは必須のアイテムとなっております。

         


        ▶FEITのアイテムはこちらから
        ▶Facebook:STOCK
        ▶INSTAGRAM:STOCK
        ▶INSTAGRAM:Yozo from NYC

         

         

         

        DDUGOFF 17SS

        2017.02.15 Wednesday
        0

          DDUGOFF 17SS

           

          今シーズン早くも入荷はこちらのブランド、DDUGOFF(ドゥゴフ)は2014FWよりダニエル・ドゥゴフによりスタートしたニューヨークをベースに活動している新進気鋭のメンズウェアブランドです。

           

          彼は、PATRIK ERVELL, DEREK LAM, そしてMARC JACOBSと職の場を移し、確実にキャリアを積んできました。

           

          シンプルでクリーンなシェイプのアイテムを上質で着心地の良い素材で作り、仕事にも着ていく事ができ、かつ家でもリラックスして着る事ができるベーシックなようでベーシックではない服作りをコンセプトにしています。

           

          全てNEW YORK、NEW JERSEYの選び抜かれた工場で生産されており、デザイナーの拘りと情熱が込められたアイテム達は確実に輝きを放っています。

           

          今期のセレクトは、

          深い奥行きのある色合いのインディゴ染めを施したような雰囲気を持つウール、コットン、リネンのミックス素材を使用したジャケット、同ブランドでは毎シーズン好評なS/Sのパターンニット、そしてこちらも得意な柄物のS/Sシャツ、テンセルコットンのサラッとした涼しげなパンツ。

           

          基本はシンプル、クリーン、ミニマル、モダンな印象ですが、細部に至るまでのデザインや縫製に大変拘りが伺えます。

          そしてセンスを感じさせる生地選びがこのブランドのストロングポイント。

          どのアイテムも他にはない個性を感じさせる良い生地をセレクトしています。

           


          ▶DDUGOFFのアイテムはこちらから
          ▶Facebook:STOCK
          ▶INSTAGRAM:STOCK
          ▶INSTAGRAM:Yozo from NYC

           

           

           

          ADMASU

          2017.02.11 Saturday
          0

            ADMASU

             

            ニューヨークを拠点に活動しているジュエリーデザイナーDawit Admasuが2011年に立ち上げたジュエリーブランドADMASU(アダマス)。

             

            ドイツのマスタージュエラー、Klaus Bergel(クラウスベルゲル)と共に学びながら金属工芸への情熱を培い、伝統的な職人の技術を会得しました。

             

            彼が作品を生み出す時に最も注意しているところは、使用する素材から個性を感じとり、個々の持つ特徴を最も発揮できるように意識しデザインしてる部分です。

             

            インスピレーションは、古代のアジア、アフリカ文化のシンボルやコンセプト、そして現代の建築からもたらされており、身に着ける者の個性にユニークに適応するミニマルな作品を幅広く発表しています。

             

            一点ずつ時間をかけハンドメイドで作られ、あえて歪に削り出されたエスニック調で色気を感じさせるデザイン、そしてクラシックかつモダンな雰囲気を兼ね備えており、シンプルながらに確かな存在感を放つ他にはない唯一無二なブランドです。

             

            アメリカではneed supply等のセレクトショップでも取り扱いがあり、NEW YORKでも注目のジュエリーブランドの一つです。

             

            ▶ADMASUのアイテムはこちらから
            ▶Facebook:STOCK
            ▶INSTAGRAM:STOCK
            ▶INSTAGRAM:Yozo from NYC

             

             

             

             

            Calendar
               1234
            567891011
            12131415161718
            19202122232425
            262728293031 
            << March 2017 >>
            Selected Entries
            Categories
            Profile
            Search this site.
            Mobile
            qrcode
            Powered by
            30days Album
            無料ブログ作成サービス JUGEM